インペラーとは、機械設備を構成している部品の一つです。形状として羽根車の形をしており、気体や液状物質の流れを作り出す事により、その流れをエネルギーなどに利用してその装置の役割を果たさせます。その活躍は非常に広範囲に渡り、様々な分野で私たちの生活の補助をしています。色んな分野で利用されているインペラーですが、羽根車は回転する事により役割を果たすため、私たちの目には入りにくいので実感が沸きづらいのも事実です。それぞれの装置の差はありますが、大体は高速で回転する為、体や洋服が巻き込まれてトラブルに発展してしまうケースが非常に多い事が原因です。その為、なるべく羽根の部分が人体から一定の距離が保てるように装置そのものにガードがついているか、機械の中に内蔵されている場合がほとんどです。

身近にあるインペラーを使用した装置

意識して探してみれば、実に身近な所にインペラーを利用した装置が見受けられます。目に見えやすい最たるものが、夏場によく目にする扇風機です。涼を求めようと思った時に真っ先に思い浮かべるそれには、外部からの侵入を防ぐガードの中にインペラーが設置され、それを回転させる事によって空気の流れを作り出します。扇風機と比較的高価になりますが、エアコンもこの原理を利用した装置です。原理が同じで目的が違うものでは、換気扇があります。台所などの空気が遮断される場所や、匂いがつきやすい室内に設置され、室内環境の劣化や人間の体調維持の目的で利用されています。もっと小型なものだと、洗面所でよく見かけるドライヤーがあります。このように、家庭内を対象として探してみただけでも多くの羽根車で構成された商品が、我々の生活の中に息づいている事が分かります。

商業用としてのインペラーを利用した装置

家から外に出て探してみても、羽根車で構成された装置を見かけます。インペラーを、液体を対象として利用しようと思えば、ポンプに辿りつきます。温泉を売りにしている宿泊施設や田畑では、地下水や温水を汲み出す装置にポンプを利用しています。地下から汲み上げようとせずとも、外に設置されたタンクから水や温水を送り出そうとする際にもポンプは使われます。娯楽施設のプールや銭湯もこれに属します。他には、少量の物質を正確に添加するのにも、ポンプは役立ちます。大自然の中であれ街中であれ、適正に処理されていない水をそのまま飲めば、お腹を壊してしまいます。それを防ぐために、水道で飲料水を送り出す際には薬品を適切量、水に混ぜ込む必要があります。殺菌作用があるため、これは多すぎても少なすぎても駄目なのです。必要とされる水分量に必要なだけを正確に測る緻密な作業をこなすのも、インペラーを利用したポンプの重要な役割です。