インペラーとは羽根車という意味で、色々な所に付けられています。インペラーの動力であるローターを回す時、回転の中心軸に対し遠心力が対象に分布され、回転中心軸には力の負荷はかからず、中心軸が震えたりすることはありませんが、この軸に対する力が均等ではない場合、中心軸が振動することになります。中心軸に余計な力が加わっていれば、それは不安定な動作をすることになりますし、中心軸が折れる可能性もあります。ソフトクリームを作る装置など、ゆっくりとした動きをする物なら、大きな影響はないと思いますが、扇風機や洗濯機の場合は、その影響は大きくなります。この不釣合いは購入前や導入前に起こっている場合、設計や組立時に何か影響があった場合がありますので、最初におかしな音がしていないか確認をしておく必要があります。

インペラーとはどのような所に取り付けられているのか

インペラーは水槽の水を回し濾過するものから、ソフトクリームを作る装置の中で、原液を拡販し続けるために回り続けているものなど、くるくると回ることによって、何かの役割を果たしている部品です。日常的にみるものですと、扇風機や洗濯機です。これはインペラーが回ることで、遠心力で風を起こし、洗濯層を回して洗濯、脱水をする機能があります。また小型船の動力にも取り付けられる当然、重要な部品ですから、小まめな掃除や点検が必要になることがあります。扇風機などでわかりますが、ホコリが付いたまま動かせば、ホコリが舞うことになりますし、さらにホコリが溜まる結果になります。経年劣化だけでなく、汚れなどから回転が鈍ることがあれば、機能の低下が疑われますので、点検などメンテナンスが必要になります。

インペラーを正しく取り扱うことの重要性について

インペラーは色々な所に付けられていますが、自分で取り付けられる物もあれば、無理な物もあります。ソフトクリームを作る機械の中のインペラーは衛生上の注意と、取り付け手順の注意はありますが、意外と難しくなく取り付けることができます。しかし、取り付け方を間違えると中の液が漏れだし、正しく液が固まらないなどのトラブルが出ます。この正しく取り付けることは非常に重要で、中心軸への負荷だけでなく、動作そのものに影響を与えることになります。ただのくるくるまわる部品ではなく、回ることによって、ポンプでも扇風機でも、動くことができるようになる部品ですから、今までに聞いたことのない音がするようなら、使用を中止して問い合わせをするなどの対処をする必要があります。最後に、誰もこのような行動をとらないとは思いますが、インペラーが回っている最中に触ると大けがをしますから、必ず停止を確認してから触るようにしてほしいです。